FC2ブログ
お気楽グルメブログ「かっぱのひとりごとぅ」  ログイン

| PAGE-SELECT |

中本 吉祥寺-北極の冬&吉祥セット

≫ EDIT

早くも月中になってしまった、1月16日水曜日。

こちらの男性(A)が、こちらの男性(B)に

どっきりを仕掛けるから、仕掛け人になってくれというので、ちょっとお出かけ~♪
『Aさんの連れてくる友達がもの凄く美人だ』

という触れ込みで、Bさんを驚かそうというプチどっきり。

・友人はもの凄く美人だとホラを吹くAさん。

・ヨダレを垂らして待っているBさん。

・もの凄く美人なかっぱ。

カツラをかぶり、紅を塗り、完璧に女装を施し、いざ二人の待つ居酒屋へ!

ワクワクしながら、入っていくと...

Bさん「おつかれさまで~す。」

かっぱ「あれ?(バレバレじゃん)」

Aさん「あ、さっきポロっと言っちゃった(笑)」

どあほ!

酔っ払いにどっきりは無理なようです。

(一部フィクションでお送りしました~)

と茶番はこれくらいにして、軽く飲んで、締めに行きましょう、締めに!


店を出て、徒歩5歩の~

こちら!



蒙古タンメン中本 吉祥寺店 (お?

そう、隣の居酒屋(喫茶?)で飲んでました(笑)

つことで、吉祥寺店はなかなか方角的に来づらい店なんですが、なんとか3回目。



いきなり金ピカネズミさんがお出迎え。

ほほ~大変辛い商品でありますか?

おいらには、ちょっと無理だな...


ちょうど空席が出来ましたので、3人並んで座ります。



サイドメニュー(ここに来たらやはりアレか...)



BOXティシュー(吉祥寺もBOXになってしまったんですね。)



割り箸(さりげなく、宣伝!辛さ度1?...)

などと、キョロキョロしたり、話しをしたりしていると~

こちら!



蒙古タンメン中本 吉祥寺店『北極の冬』(850円)   ド・ノーマル仕様Death

やっぱり吉祥寺に来たら食べないとね。

つか、これを食べに来たんですが(^^ゞ

水菜と柚子が載っている以外は、普通の北極と同じ見た目ですね。



北極スープに潜むワンタン    ↑クリッククリック



北極肉も入ってます。

もっと冬素材(白菜?カキ?など)を使ってくるのかと思いましたが、

上に載ってる具は冬?って感じですね。


水菜は、そのまま食べると、北極スープで麻痺した舌を癒してくれます。

が、どっぷりつけちゃうと水菜だかなんだか全く分からなくなります(笑)。

柚子も風味づけには良いと思いますが、スープ自体には柚子風味は付いてないのかな?

もう少しスープ自体に柚子風味が付いてるといい感じになるんじゃないかなと思いました。

(色々な情報を見ていると、柚子風味のスープが云々と書いてありますので、この時だけだったのかな?)


そして、今回の主役とも言える



ワンタン。

いい色していますねぇ。

ワンタン自体は少しごま油が利いて、皮もモチモチで美味しいです。

5個くらい入ってましたが、何個か固まってくっついていたのは、ご愛嬌(^^ゞ




麺はいつもながらの美味しい麺。

ヒヤミのキュッと締まった麺も良いですが、

北極のヌルモチ(ヌルっとしてるけどモチモチ)の麺も美味しいですよね。


で、途中まで放置しておいた~

こちら!



吉祥セット(吉祥丼)』(180円)

ここに来たからには、これも食べないとね。

と言っても、少しそのままパクついたら



吉祥茶漬け

吉祥台無し(笑)

でも、筍の食感と挽肉の風味はそのまま残りますからね。

他店では味わえない一品です。


こんな真冬では、あり得ないくらいの発汗がありましたが、



プハァ~

つか、北極ってこんなに辛かったっけ!?

そう言えば、お隣のAさん、店員さんに「北極の冬はとても辛いけど、大丈夫ですか?」

なんて聞かれてましたね(笑)。

まだまだ修行が足りないんじゃないっすか!?


北極の冬は、吉祥寺店でのみ販売の期間限定商品です。

気になっちゃう方は、お早めに。

金ピカチュ、じゃない、金ピカネズミがお待ちしておりま~す(^^ゞ


ごちそうさまでした~♪♪♪♪
スポンサーサイト



| Tags: | コメント:16 | トラックバック:0 | TOP↑

☆第121話「祝春」-北極の春@吉祥寺店

≫ EDIT

この歳になると、月日が経つのは早い物で、

昔は長く感じた1年もあっという間に過ぎていく

全うに人生を歩んだとしても、もう折り返し地点くらいには来ているわけで...

このままで良いのか、おれ!(笑)

 天使「いいんですよ!」

 悪魔「良い訳ねぇだろう、ボケ!」

 かっぱ「(ToT)」

そんな私のへっぽこ人生と、奇しくも同じ年月を生き抜いてきたラーメン屋がある。

代こそ変われど、その長年にわたる偉業には、敬服せずには居られない...

そんな、グレートで、デリシャスで、デンジャラスなラーメン屋さんが、

蒙古タンメン中本

そんな中本が、2006年4月22日に、5店舗目としてオープンさせたお店が、こちら



蒙古タンメン中本 吉祥寺店』(店舗情報は、こちら

そうです、この日は
祝!吉祥寺店開店1周年
なんです。

早いですねぇ。ついこの間って感じがしますが、もう1年経つんですね。

この日は、ちょっとした企画もあるというので、行って参りました。


4月22日日曜日。

アニバーサリーの日は大抵混んでいるので、行くまでドキドキでしたが...

20時チョイ過ぎの到着で、外待ちなし!ラッキー!

と思ったら、

店内待ちもなし!あら(^_^;)

3/4位の埋まり具合でしたが、食べてる途中で待ちが出来てましたので、タイミングが良かったんですね。

久しぶりの訪問(と言っても2回目)なので、じっくり券売機を眺めたかったのですが、

次のお客さんも来てしまいましたので、パッパッっと買って着席。

っていうか、食べるものは決めておいたんですけどね(^^ゞ


まずは、こちらから



北極玉子』(通常100円)

1周年記念特別サービス品です。普段はあんまり頼まないメニューなので、こういうサービスは嬉しいっすね。

つづいて、こちら



吉祥丼』(180円。セットのみ。単品注文不可)

吉祥寺に来たら、これは頼まないとね。

で、撮影をしていると~

♪は~るばる来たぜ~、吉祥寺~(JASRAC許諾第12331233号)

のメロディーにのせてやってきました、こちら!



『北極の春』

♪と~っても我慢が~、できなか~ぁ~ったよぉ~~~ん(● ●)by SUBちゃん

ってことで、

『北極の春』(850円)+『麺大盛』(50円)+野菜大盛(50円)仕様でございます。

ネギとカイワレのグラデーションが、春の息吹を感じさせる一杯ですね。

横から~



ナイス盛り!この品は野菜大盛り必須だね。

鮮やかな緑が春を演出しています。


野菜で中が見えないので、めくってみました。



チラッ

北極ラーメンのスープに、ごま油で炒めた竹の子、キクラゲ、溶き卵が入り、

トッピングにネギ、カイワレが載っています。

北極の辛うまさに、ごま油の風味が妙にマッチしていて、美味しいっすね。ごま油好きには堪らないです。


最初は、上の野菜が多くて、苦労しましたが、




途中はこんな感じで、北極より、色々な味が楽しめます。

ネギとカイワレの食感も良いし、なかなか良い味出しています。


そして、吉祥寺丼を半分食べたところで、もちろん



吉祥茶漬け

もう語る必要はないでしょう。


で、何か忘れて居るんじゃないの?

とお思いでしょう。

サービスの北極玉子

気にはなっていたのですが、食べるタイミングがつかめなくて、

結局



最後になってしまいました(^^ゞ

ま、北極玉子そのものの味を確かめるのには良いんですけどね。

ネットリした黄身の甘さと北極スープの辛さ。相反するこの味が北極玉子の醍醐味かな?

う~ん、北極を食べたあとだけに、普通の玉子と変わらないのが残念です。


で、残りのスープも頂いて、

今日も、キレイに



ごちそうさまでした!


噂には聞いていましたが、北極の春、かなり気に入りました。

手間が掛かりそうなので、定番化は無理かも知れませんが、再度食べたい一品です。

北極は美味しいけど、なんか物足りないんだよなぁって方はぜひ食べてみてください。

辛さは北極と同じくらいありますので、辛いのが駄目な人は要注意ですよ(^^ゞ


1周年記念サービスで、「定食またはウーロン茶無料券」(5月末期限)をいただきましたので、

それを使いにもう一度食べに来ますかねぇ(?ー?)ニヤリッ

あ、ちなみに、この『北極の春』は、5月いっぱいの限定商品です。

6月からは、『北極の夏』というのが発売になるらしいですよ。

こちらも期待しちゃいましょう!

| Tags: | コメント:14 | トラックバック:0 | TOP↑

☆第83話「いつかは行かなくてはイケナイ店 後半」-冷やし味噌ラーメン吉祥セット@吉祥寺店

≫ EDIT

いきなりココにお越しの方は、前半からお読み下さい。

失礼致しました。
初めての店なので、詳細にレポートしてたら時間がなくなっちゃって・・・
では、つづき行きま~す(^ー^)ノ

え~と、券を買うところからですよね。

色々悩んだんですが、結局こちら

と、行きたいところですが、先に着席。
初めてなので、キョロキョロ周りを見渡していると、カウンターにこんな物発見。


お、メニューが置いてあるのか!と思ったら、
本店などでは壁に貼ってある、TVで放映された写真などが入ってました。
暇つぶしにはなりますね。

で、しばらくしてやってきました、一品目。


吉祥寺店限定『吉祥丼』(180円)

お初です!
挽き肉、筍、ニンニク、そして唐辛子。
これらを中本特製味噌で炒めた(煮込んだ?)辛肉味噌が載っています。


そんなにドロッっとした感じではなく、どちらかというと、汁っ気がありさらっとした感じ。
(ライスの底に沈んでますので、写真じゃ分かりづらいと思いますが)
辛さもそこそこあり、下に敷いてある千切りキャベツと相まって、ご飯がススム君な一杯です。
前半の記事で書いた、トッピングメニューの『辛肉味噌』(100円)は、
これがラーメンにドバッとかかっています(隣の人が頼んでました)。
これはなかなかイケるんじゃないですか。
北極肉ほどのインパクトはないものの、挽き肉の旨味と、筍の食感、唐辛子の辛さが
三位一体となって攻めてきます。
もちろん中本メニューなので、ニンニキもたっぷりですよ。
器は、冷やし味噌の通常盛りのつけ汁に使われる器。
ライスの量としては、本店の3/4蒙古丼(半ライス?)と同じくらいかな。
欲を言えば、もう少し量が欲しいかな。
まあ、180円ですから、文句はないんですけど。
これは色々なコラボをして食べてみたいですね。
なんか、中本の初メニューってワクワクしちゃうのは、私だけでしょうか!
あ、そうそう、噂にあった地井武雄、じゃない椎茸は入ってませんでした(^ー^)ノ。さすが、吉祥寺!

吉祥丼に感激して、チビチビ食べてたら、主役登場。

本日の主役、初吉祥寺、最初の一品は、こちら!



冷やし味噌ラーメン』(720円)+『麺特大』(100円)(冷やし味噌ラーメン吉祥セット900円+麺特大盛100円)

北極かヒヤミで迷った結果、ヒヤミに軍配。
やっぱり最初は、北極で様子を見るか、とも思ったのですが、なんせ吉祥寺。
帰りのことを考えると、ちょっと不安に(^^ゞ。って結局何もないんですけどね。

でも、ヒヤミにして正解でした。


まあ、汁はこの通り。他店と変わらない様子。
でも、麺が...


良い巻きしてるでしょ?ちゃんと巻いてあるんです。

しかも、



この艶、豊かな色と書いて、艶。横山ノックの頭だってこんなに艶々してないですよ。
北極じゃ、こんな艶々にはお目にかかれないですからね。
まあ、


こうなっちゃえば、ほとんど一緒ですけど...
でも、コシが違いますよね、コシが。麺堅めなのでなおさら。

で、吉祥丼の空いたところに、


北極肉を移動しつつ、

汁だけで頂いていくと、
麺終了時に、汁が余りますわな。



それを吉祥丼に少しづつ掛けては、喰っていきますわな。

「あ~、せっかくの吉祥丼が!」って声が聞こえてきそうですが、

でぇ~い


って、ぶっかけちゃいますわな。

「あ~あ、もう吉祥丼じゃないじゃん!」って声が聞こえてきそうですが、

これでも、


まだ言うか~!!

マジんまい(゜ε゜;)
ひつものとふぁ、違うふまさ(´ρ`)

「あ~、もうだめ。食べたひ!」って声が聞こえてきそうですが、




ごちそうさまでした!


吉祥寺店は、地域柄、女性に人気が出そうな気がしますね。
店は綺麗だし、ハーフセットなんかもあるし、場所的にも女性ひとりで入りやすそうだし、
店員さんはイケメンだし...(ココが重要かな!?)
ひとりでラーメン屋はちょっと、と尻込みしている人は、ぜひ行ってみて下さい。
あ、でも、となりでむさい男が汗だくで食べていても、勘弁して下さいね(笑)え?お、俺だけか...(T_T;)

私的には、(方面的に)非常に行きづらい吉祥寺店ですが、
また吉祥丼とのコラボを楽しみに行きたいですね。
吉祥寺店は、常連さんがいなくて、情報が入ってこないんで、誰か、常連さんになって下さい!
よろしくお願い致します。

| Tags: | コメント:16 | トラックバック:0 | TOP↑

☆第83話「いつかは行かなくちゃイケナイ店!? 前半」

≫ EDIT

かっぱ いつかは行かなくちゃイケナイ店!? であります


11月10日金曜日、午後6時半。

東陽町での仕事を済ませ、東西線乗車。
時間も時間なので、直帰コース。
「折角こっちの方にきたんだから、どこか寄っていくか?(かっぱのひとりごと)」と、
ぼーっと路線図を見ていると


東上線利用の私にとって、東西線ってなんとも中途半端な所を通っているんですよね。
九段下...この前きたなぁ(武道館ね)
飯田橋...有楽町線乗り換えで池袋か?
高田馬場...新宿?池袋?う~ん中途半端...
そっから先は、私にとって未開の地...
ん!この電車は三鷹行き...?
あ、そうですか...このまま乗ってれば行けちゃうんですか...
でも、ちょっと遠いしなぁ。ブクロ辺りが帰りも楽ちんなんだよねぇ...
なんて、考えていると、高田馬場出発...

と、言うわけで
着いちゃいました!


♪は~るばる来たぜ吉祥寺~♪
いつかは来なくちゃと思っていた街、吉祥寺。
未知なる楽しみが待っている街、吉祥寺。
高田馬場からでも結構遠いんですねぇ。

早速、向かいましょう。
吉祥寺駅の南口を出まして、左に向かいます。



京王井の頭線の高架下を通り、正面にブックオフのある交差点へ。



この交差点を渡り、ブックオフの脇の通りを真っ直ぐ入っていきます。



100mくらいでしょうか、歩いていると向こうになにやら赤い光が見えてきます。

真夏の灯りに群がる虫のように、その灯りに近づいていくと、

ついにやってきました!


蒙古タンメン中本 吉祥寺店!


今年の4月に開店して以来、早く来たいと思いながらもなかなかこれなかった店。
やっと念願叶って、初訪問です。



入り口横の看板。
味噌タンメン、蒙古タンメン、北極と人気メニューがでかい写真入りで紹介してあります。
こんな真っ赤なの見せたら、普通の客は逃げちゃうんじゃないの!?って思いますが、
『からうまらーめん系日本一!』の文字に納得。
日本一じゃないっすよ、世界一っすよ!(ちょっと誉めすぎかぁ!?)

さあ、店内に入ります。
大きな声で「いらっしゃいませ!」とお出迎え。
中本はどこ行っても挨拶が気持ちいいっすね。



あれ?空いてる...時刻は、19時45分。
この時間でこの空き具合かぁ!?
まあ、中本は夜の方が混むからなぁ、と思ったが、吉祥寺店は21時までだったよなぁ。
う~ん、微妙な感じだが、混んでるより空いてる方がいいか?

店内は、オープンしてまだ半年なので綺麗です。
席はカウンターが一列に15席位?奥に細長く、席の後ろも広めに取ってあります。
これなら行列が出来ても大丈夫そうです。

早速食券を購入します。


券売機。本店と同じ最新式。
この前、開店したての松屋が、これと同じ券売機でした。



改めて見ると、メニューが豊富になってますね。
基本メニューに、ライス、定食、そして、吉祥丼を組み合わせたセット。
それに、ハーフサイズのセットなどが、所狭しと並んでいます。

注目は、一番下真ん中、店長もおすすめの『辛肉味噌(挽き肉・筍)』(100円)
吉祥丼の具として載っている辛肉味噌をラーメンのトッピングとして注文出来るようです。
これは期待が高まりますねぇ。
しかも、いつの間にか、ネギとバターも始まっていたようです。

なかなか魅力的なメニューが揃ってるんじゃないですか!?

で、私が頼んだのは、こちら!

と、行きたいところですが、時間が来てしまいました。

一旦、ここで失礼します(笑)

つづく...

| Tags: | コメント:12 | トラックバック:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |