FC2ブログ
豚活ブロガーかぱ太郎~かっぱのひとりごとぅ  ログイン

| PAGE-SELECT |

中本 亀戸-味噌卵麺+ネギ

≫ EDIT

こんにちは、今日は息子の空手の審査があるので定時に上がろうと思っているかっぱです(誘わないでね 笑)。
さっき、会社の来年の年間休日カレンダーを貰ったのですが、来年の9月に5連休があるんですよね。「あんまり休みが増えても困るなぁ」なんて思っちゃうアタクシは仕事人間なんでしょうか?・・・違うか!?(笑)

つことで、今日は久しぶりぶり、紅のかっぱが帰ってきました!



一昨日の火曜日。



仕事で両国に行ったので

「昼はやっぱりちゃんこでごっつぁんか!?」

と思ったのですが、

「どうせなら、ちゃんこよりもあっちでしょ!」

と言うことで、ちょいと足を伸ばして~

こちら!



蒙古タンメン中本 亀戸店(店舗情報はこちら

足伸ばしすぎ!(笑)

14時過ぎの到着も、10人待ち!

すっかり人気店になってますね。亀戸美味しいもんね。


何を食べようかと、両国行きが決まった時点から考えていたんですが、

途中でなぜか、中華丼+半ヒヤミモードに。

あの中華餡にヒヤミ汁が絡んだ絵を想像したら、

亀戸に中華丼があるか無いかなんて関係なく、勝手にあそこがじゃない、妄想が膨らんじゃいまして。

で、券売機を見て



あれ!?中華丼無かったっけ!?(≧ε≦)

ヘタレ丸出しになったところで、冷静に考える。

うん、やっぱ、亀戸に来たらあれしかないか...

お姉ちゃんに食券を渡し、「麺カタメで!」と伝え、背後霊。

10分ほどで着席。

まずは



救命セット(笑)

つづいて



ネギ』(60円)

とりあえず押しとけって感じで買っちゃいます。

亀戸はポイントカード持ってないので、無理に買うこともないんですけどね(^ε^ゞ

いつものように、唐辛子+醤油で味付け。

メイン到着まで、つまんで待ちます。


そして、店長自ら

「お待ちどおさま~」

と持ってきてくれた、逸品が~

こちら!



蒙古タンメン中本 亀戸店『味噌卵麺(みそらんめん)』(850円)+『野菜大盛』(60円)

野菜タワーを期待しましたが、麺が普通なのでそんなに高くなってないですね。

それにしても、いいエロしてますね。



どうっすか、このスープ。(↑クリックしちゃダメですよ。トンでもないことになりますから!)

亀戸卵麺って、辛さよりも味で食べさせる印象があったのですが、

今回のは思いっきり裏切られました。

スープのコク、辛さのバランスが、すんばらしぃ!

モヤシも、適度なシャキシャキ感。



麺に至っては、パーフェクトな堅さ。

冷やし系で味わえるような歯ごたえと、中本麺独特の旨味を存分に堪能できました。


今まで何度となく卵麺を食べてきましたが、間違いなく、かっぱの食す史上最高の卵麺ですね。

やっぱり、卵麺が一番辛さと旨さのバランスが取れてて、旨いのかも知れないっすね。

根強いファンがいるのも納得の旨さです。


いかんいかんと思いつつも、レンゲが止まらず

最後はどんぶりを持って、プハァ~とやっちゃいました。



ごちそうさまでした~♪♪♪♪♪♪

これが、たまたま大当たりなのか、これが亀戸卵麺のデフォになったのか、

亀戸卵麺は2回目なので判断できませんが、

いや~実に旨い一杯でした。

店長!あまりウマイの作らないでください。通いたくなっちゃいますから!(笑)



かっぱのひとりごと...

 火曜とは気付かずに御徒町に向かい、慌ててUターンしたのは、誰であろう、私です(^ε^ゞ...
スポンサーサイト



| Tags: | コメント:14 | トラックバック:0 | TOP↑

中本 亀戸-冷やし味噌ラーメン

≫ EDIT

伊豆のお土産を渡すのも、残り1つ。

方角的には、非常に魅力ある街に住む方なのですが、

ただそれだけを渡しに行くのもなんだかなぁ、と思っていたら

やってきました、チャンス到来!

仕事で東陽町方面に行くことに~

で、さっさと仕事を終わらせて、あの方にメールを入れてみたら...

あれ?返事が来ない(TεT)

今日は、この辺にいないんだなぁ...

仕方ない独りで食べちゃいますよ~

と言うことで、東陽町からバスに乗って10数分。

やってきました~



蒙古タンメン中本 亀戸店店舗情報

来たい来たいと思っていても、なかなか来れない方面ではありますが、

店内待ちもあり、かなかな繁盛しているようです。

店長も元気そうで何よりですね(^ε^ゞ


10分ほど待ってテーブル席が空きましたが、独りだったので待ちます!

そして、5分ほどで空きましたので、カウンター着。



久しぶりのティッシュGET(笑)  デザイン変わりましたね

ちょうど真横から店長の調理風景が見える席。

次から次へと作られる品を見て、ちょっと今回のオーダーを後悔...卵麺、樺太丼...ウマソ

そんな事を思っていると

まずはこちら!



トッピングネギ』(50円)

本店で出てくるいつものより少ない気がしますが、これがデフォです。


で、すぐに本日のメインディッシュがやってきて~

こちら!



蒙古タンメン中本 亀戸店『冷やし味噌ラーメン』(720円)+『麺超特大』(150円)

やっぱり都度調理品にすべきだったか!?と思ってたけど



コレを見たら、そんなこと忘れました(笑)

どこまでも赤いスープ。

暗黒星雲のように不気味に広がる味噌

コレが旨いと言うから、世の中分かりません(笑)


そして、この地獄のスープに浸して食べるは



中本特製麺!

妖しいまでに光り輝いてます。


さて、いただきます!

う~ん、辛っ!

すっかりヘタレたもんです。

しかも、朝からなにも食べてなかったので、辛さが胃に染みます。

この感覚、最近忘れていたかも(≧ε≦)

たまには、間を空けるのもいいもんですね(笑)(←自己弁護)

今回はライスも付けなかったので、

ひたすら啜りまくりました。



やっぱり冷やし味噌最高!\(^ε^)/

あれよあれよという間に、麺もなくなり

余ったスープを見て、「ライス追加か!?」とも思いましたが

思ったより腹がふくれたので、

グビグビ~と行って



ごちそうさまでした~♪♪♪♪♪

ふ~辛かった(´ε`;)

店長の都度調理品も良いけど、基本のヒヤミもバッチシでした!


ん?電話?...

お!あの方からだ!

「ふむふむ、そう言うことですか。じゃあ、店の前で待ってます~」

5分ほどして...

暗闇からチャリで現れた怪しい影...

きよちんだ!(笑)

お疲れっす!

と言うことで、店の前でちょっと立ち話をして、ちゃんとお土産も渡して帰りました。

今度はゆっくりお願いしますね~(^ε^ゞ


途中、両国辺りでどこぞのお兄さんのニオイがしましたが、気のせいですよね?(笑)

取り組みの真っ最中だったのかな?それとも、まわしを買いに?(≧ε≦)

| Tags: | コメント:16 | トラックバック:0 | TOP↑

中本 亀戸-味噌卵麺

≫ EDIT

秋葉原から総武線に乗り、約10分。

亀戸という駅に着く。

今まではアニメくらいでしか知らない、縁もゆかりもない街でしたが、

あの日以来2回目の訪問。

駅前の雑踏を抜け、少し歩くと急に人通りが途絶える。

駅前なのに案外人が少ないなと思ったら




なるほど、これなら入りやすい。

しかし、この位置からは全然見えない、あそこ。心臓の弱い方は要注意。

そして、さらに少し歩くと、見えてくる。



チラ本

もうお昼時を過ぎてるし、さすがに空いてるだろう、と思いつつ



蒙古タンメン中本 亀戸店着!(お?)

外待ちなし、中満席。

なかなか繁盛しているようだ。

店長に軽くご挨拶。お元気そうでなにより。


早速食券を買って待機しようとすると、女店員さんが「相席でよろしければ?」とBOX席を指す。

男性が一人で座っていたのだが、見るとまもなく立ちそうだったので、「いいですよ」と座る。

店長がすぐ横で調理する格好なので、軽く話しをしながら待つ。


しばらくして、まずはこちら



単品麻婆』(100円)

と同時にこちらも



半ライス』(100円)

私の記憶が確かならば、かな~り久しぶりの組合せだ。

これから出てくる奴とのコラボを考えると、ナイスなチョイスではないだろうか。

そんなことを考えていると、奴の登場だ。

店長自ら運んできてくれた一杯は~

こちら!



カメラン!
こと、蒙古タンメン中本 亀戸店『味噌卵麺』(800円)

これまた私の記憶が確かならば、メンカタ・ド・ノーマル(フランス語じゃない)もかな~り久しぶりだ。


役者が揃ったところで



逆バボちゃん


いただきます。

まずは、



スープチェック。

ちょうど良さげな色だ。

辛すぎず、甘すぎず、これでこそ卵麺というものだ。


続いて



反対側。

赤、青、黄色

たまらんぞなもし。


そして、



軽く手の運動。

程よく絡みつく唐辛子が、ヤバイほどに旨そうだ。

というか、旨い。


数分間、味噌卵麺を堪能したら、おもむろに麻婆を持ち上げ



蒙古卵麺タイム、だ。

コクアップ。辛さアップ。

やっぱり卵麺と麻婆は抜群の相性だ。

汗が猛烈に噴き出してくる。

人間としては、ココくらいまでが辛さの限界なのかも知れない。



一通り麺を食べ尽くしたら、今度は「ご飯の時間」だ。

決して、ライスのことを忘れているわけではない。

ラーメンに集中しながらも、せっせとせっせと豚運び。

仕上げに麻婆を垂らせば、



麻婆肉丼の完成だ。

豚に麻婆を辛めながら、ご飯と一緒にいただく...

店長、ありがとう。


そして、空いた穴に、たっぷり汁を注げば、



麻婆肉茶漬けに変身だ。

ココまで来れば、あとすることはひとつ。


マジェマジェして喰う!(;´ρ`;)




ごちそうさまでした。

まずい、またしても完飲してしまった。


途中から相席したお向かいのお二人さん。

見て見ぬふりをしていたようだが、ちょっとキョトン顔。

申し訳ない、こんな奴も居るんだと言うことで、勘弁してください。


さ、仕事だ。

中本で食べたあとは、冬の冷たい風さえも心地よく感じる。

「いてっ!」



誰だこんなトンネル作ったのは?

低すぎるっつうの...ブツブツ...

| Tags: | コメント:18 | トラックバック:0 | TOP↑

中本 亀戸-冷やし味噌ラーメン(後編)

≫ EDIT

おまんたせいたしました!昨日は、すんずれいしました。
前編を未読の方は、【中本 亀戸-冷やし味噌ラーメン(前編)】からお読み下さい。
では、後編です。張り切ってどうぞ! ノドジマンカ!(^_^)

そんな亀戸店での、最初の一品が~

こちら!



3/4蒙古丼』(250円)

お姉ちゃん「お待たせしました~、3/4蒙古タンメンです~」

許す!(笑)。一つ一つ覚えていけば良いんですよ。

一応、横から~


許す!(笑)。これがデフォなんです(^^ゞ

そして、こいつも


ネギ』(50円)

許す!(笑)。もはや、奴には、外せない物のひとつ。


そして、亀戸初ラーメンは~

こちら!



中本亀戸店『冷やし味噌ラーメン』(720円)+『麺超特大盛』(150円)

笑って許して~♪って、結局いつも通りのセットにしました。

佐伯さんの卵麺!?樺太丼!?色々悩みましたが、やはり一番食べ慣れているヒヤミをチョイス。

さて、亀ヒヤミはいかに!?




汁ナメの麺。ヒヤミ汁、見た目問題なし!

一応、横から~


盛り、問題なし!

そして、いつものように



バッチこいや~!

辛ネギ仕様のヒヤミ。ビジュアル、問題なし!

では、いただきます!

うん

うん

うん

全くブランクを感じさせない、見事なお味。

やはりというか、当たり前というか、本店の流れをくんだ味。

間違いない!これなら、安心です(^^ゞ


一応、


麺リフト


食前酒を飲み過ぎたのか、いつもより腹が苦しくなってきましたが、

まだまだ



ヒヤミ肉丼!

やめられない、止まらない。


そして、



ヒヤミ茶漬け!

中本は快進撃を続けていますが、

アタクシはと言うと、全く成長の跡が見られません(T-T)

でも、これが私の中本道。

もう開店から1週間が過ぎてますが、なかなかの滑り出しのようです。

アタクシも、なかなか行きづらい方面ではありますが、チャンスを伺って訪問したいと思います。



ごちそうさまでした!


店を出ると、待ちぼうけの
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/f3/57/kappa_room/folder/1418733/img_1418733_51593095_5?1191990163.jpg
こちらさん。まだまだ飲み足りないようで、2次会へ(3次会?)。

異色トリオの亀戸ナイトは、まだまだ続くのであった・・・ ッテ、ワラワラダケドネ(^^ゞ

| Tags: | コメント:18 | トラックバック:0 | TOP↑

中本 亀戸-冷やし味噌ラーメン(前編)

≫ EDIT

2007年10月2日火曜日、大安吉日。

待ちに待った、蒙古タンメン中本の新店、亀戸店開店の日。

有休でも取ってお祝いに駆けつけられりゃ一番良いのでしょうが、

仕事的に無理な時期なので、仕方なく夜行く計画を立てる。

21時閉店なので、いつになくまじめに仕事をこなし、何とか仕事を終わらせ、いざ亀戸へ!


亀戸駅の改札を抜け、そのまま真っ直ぐ進み、右の方に歩いていけば、目的地に着く...はずなのだが...

改札を抜け、左の横断歩道を渡り、エレベーターに乗り、

↓こんな風景の見えるお店で待ち合わせ(^^ゞ


亀戸駅前(画像は全てクリックで大きくなりますよん♪)

そこには、ホッピーを飲んでほろ酔い気分♪の

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/f3/57/kappa_room/folder/1418733/img_1418733_51593095_2?1190978764.jpg
ジェイさんだぁ!(笑)

お待たせしました~、ってもう出来上がってない!?(゚ε゚;)

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/f3/57/kappa_room/folder/1418733/img_1418733_51593095_7?1191993967.jpg
きよちんも来るというとこなので、行こうと思ったら、

亀戸店が凄い行列になってるとの、情報が...

う~ん、仕方ないな、ちょっと様子を見ますかぁ~

と、おいらもホッピ~♪(きよちん、申し訳ありません(^^ゞ)


しばらく呑んでいると、会社の仲間と先に亀戸で食べてきた、

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/f3/57/kappa_room/folder/1418733/img_1418733_51593095_5?1191990163.jpg
onodyさんも合流。飲本ならぬ本飲!?(つか、なんすか、このアバター!?(笑))

ちょっとした宴になりました(笑)

そして、あーでもねぇ、こーでもねぇ~

で、気がつけば、閉店15分前!?

このまま呑んじゃうか!?との葛藤の末、

「せっかくここまで来たんだから、今更何言ってんだい、あんた!」ってことで、急いで急いで(笑)


歩いて、3、4分でしょうか?

ちょっと人通りが少なくなったコロに、見えてきました、赤い光。


ついにやってきました~



祝!開店\(^O^)/

蒙古タンメン中本 亀戸店
 住所東京都江東区亀戸5-32-2
 電話:03-3682-0024
 アクセス:JR総武本線亀戸駅北口より徒歩4分
 営業時間:11:00~15:00、17:00~21:00
 定休日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
 ※定休日、中休みのない中本ですが、亀戸店は、当面この定休日、営業時間で行くそうです。
   いずれは、営業時間の延長も考えているそうです。

着いたら、すぐに看板の電気が消えて死刑宣告。ふ~あぶねぇ~(゚ε゚;)

よく見れば、常連さん達も一杯居ますねぇ。みなさん、続々と駆けつけたようです。


最初なので、色々撮ってみました。



正面の看板。かっこいいロゴです。



入口。ガラス張りなので、中の様子が見やすくて良いですね。店の前は広くなってるので、多少の行列なら問題なさそうです。ベンチもいくつかあるので、待つのも苦にならなそうです。



店内は、カウンター9席に、入ってすぐ右手に4人掛けテーブル席1つ。テーブル席は予備イスを使って、最大5人で食べられますので、全15席と言うことになります。本店以外では初のテーブル席ですが、ファミリーで食べに来て欲しいという、本店出身の店長ならではの、配慮でしょうか?



券売機上には、招き猫。亀戸店が繁盛しますように。あんまりお客さんを招き過ぎちゃっても困りますけど(^^ゞ

そして、券売機。


さすが、本店出身の店長さんだけあって、本店の流れを汲んだバランスの取れたメニュー構成。特に、半冷やし味噌スープに萌え~(´ρ`)。今後どのようなメニューが追加されていくのかも、楽しみの一つです。


かれこれ1時間近く待ったでしょうか。やっと着席。

卓上には、


調味料類。唐辛子、酢、醤油、胡椒、爪楊枝。唐辛子は、ふた式なので、入れやすいです。掛けすぎ注意!



メニュー紹介。カウンターの目の前に貼ってあります。待ってる間に見ると、時間つぶしになります。

厨房では、本店副店長を経て、くまが屋店長、そしてこの度目出度く亀戸店の店長になった佐伯さんが鍋を振り、佐伯店長のお兄さんが、麺上げ、バイトのお姉ちゃんが接客&配膳の3人体制。まだ慣れないお姉ちゃんに色々教えながら、料理を作っています。イヤイヤ、タイヘンソウデス(゚ε゚;)


そんな亀戸店での、最初の一品が~

こちら!

と行きたいところですが、文字数が5000を越えてしまいましたので、この辺でいったんお別れです。

続きは、また明日(^^ゞデヘ  こちらです

| Tags: | コメント:20 | トラックバック:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |