FC2ブログ
豚活ブロガーかぱ太郎~かっぱのひとりごとぅ  ログイン

| PAGE-SELECT | NEXT

麺屋 櫻弐「汁なし(ニンニクアブラ)+生たまご」を食す(栃木) #2

≫ EDIT

この度、魅力度ランキングで最下位になった栃木県へ行ってみた

息子が初高速道運転ってことで、練習も兼ねてのんびり行きましょうw

(父ちゃんはドラクエウォークがやりたかっただけw)

家を出て約2時間弱


麺屋 櫻弐(おうじ)

到着~

閉店30分前に着いたら駐車場いっぱいで、ちょっと一回り

周りにはどう見ても空きだらけの駐車場があちこちに

近くの駐車場が借りられればもっとお客さんが来て

駐車場の貸主も潤うし、店主さんもホクホクで

Win-Winだと思うんだけど...

ま、余計なお世話か(^ε^ゞ


再び戻ってきたら2台空いていたのでin

食券を買って、女性店員さんに渡して着席


まだまだ貼るスペースいっぱいの掲示板

アイデアマンの店主さんの事

いずれこの掲示板が限定メニュー紹介パンフで一杯になってくれたらいいなぁ


テーブルフキンやお子様セット、味変用調味料などは、1箇所にまとめておいてあります

改めてよく見てみると、ガラムマサラとか辛いやつとかいろいろあったんですね

次は使ってみよう


で、まずは


生たまご(那須御養卵)

必須アイテムです

でまずは息子から


麺屋 櫻弐「大盛りラーメン(ニンニクヤサイアブラ)」

若いって素晴らしいw


で、とうちゃん


麺屋 櫻弐「汁なし(ニンニクアブラ)」

今回は汁なしにしてみました

相変わらず豚がエグイことになってます

汁なしとしては、神奈川方面の名店を彷彿させる

最近はやりのトッピングで誤魔化すやつとは一線を画すテイスト


オーション香るムチムチ麺と濃厚玉子のコラボレーション

程良く煮込まれ、噛むほどに旨み溢るる豚

旨いわ~


今やすっかりジロリアンへと成長した息子もこの笑顔でしたw

 (この後、喰い過ぎで死んでましたけどw)


もう、櫻弐があるってだけで

栃木の魅力度ランキング39位(埼玉の次)にアップ!(かっぱの勝手にランキングw)

スポンサーサイト



| Tags: 豚肉 太麺 汁なし 二郎インスパイア | comments(-) | トラックバック:0 | TOP↑

豚ゆう「ラーメン(ゼンマシニンニク)」を食す(北本) #1

≫ EDIT

この日は、鴻巣で免許の書き換え

朝からソワソワしていたのは、新しい免許書がもらえるからではありません


豚ゆう

だって、(自称)ジロリアンだものw

ここは、ドン-キタモトがあった場所ですよね?

ってことは、ここもジャンガレ系かな?

駐車場があるのは嬉しいですね

早速入店

手を消毒し

券売機で食券を買って

店内ベンチに座って待ちます

コロナ禍でソーシャルディスタンスを保っての営業のようで

皆さん黙々と麺と向き合ってます


5分ほど待って着席


ほほー辛子高菜いいですねぇ


フォローしときましょ

3分程でやってきました


豚ゆう「ラーメン(ゼンマシニンニク)」

豚2枚デフォが地味にうれしい


とりあえず反対側~


麺は某製麺所製かな?

基本、インスパのそれだけど

お兄ちゃんのとこよりは美味しかった

独自に進化しているのかな?


そういえば、辛子高菜の写真がないな(゜ε゜;)タベタ...ヨナ?

| Tags: ラーメン 豚肉 太麺 二郎インスパイア | comments(-) | トラックバック:0 | TOP↑

麺屋 櫻弐「ラーメン(ニンニク)+豚増し+粉チーズ+生たまご」を食す(栃木) #1

≫ EDIT

ちょいと埼玉北部に用事がありまして

シメシメと麺場を探していたら

栃木の方に気になるお店をハッケン!

そんな遠くないし、他県への移動制限も解除されたし

行ってもいいよね?ってことで凸!


あまりの空きっ腹に途中佐野ラーメンに惹かれそうになったけど

がまんがまん

栃木インターから10分程で到着!


麺屋 櫻弐(おうじ)

大通りからちょっと入ったところにありまして

ナビがなかったら、たどり着けなかったかも(^ε^ゞ

電車だと最寄り駅(栃木駅)から30分ほど歩きそうなのでクルマの方がいいですね

ちょっとググってみたら、前もラーメン屋さんで結構入れ替わりが激しい場所みたいですね


店前の駐車場に停めて、いざ入店!


女性店員さんの「いらっしゃいませ!食券を買って下さい。」の声に

入ってすぐ左の券売機へ


ふむふむ

ラーメン、汁なし?つけ麺!ニラキムチ!?( ̄ー ̄)ニヤリッ イヤン、ウリキレ

オーポン仕立てだってのに随分とメニュー豊富なのね

今回は初めてだし、とりま基本で行きますか

食券を買って、女性店員さんに渡すとトッピングを聞かれましたので

「ニンニクで」と答えて着席


改めて店内を見渡すと、入口正面にカウンター席(特等席とも言う)

左側にお座敷があって、右側にテーブル席と結構広め

厨房も結構広めですね

イスの間隔からして、いまはコロナ対策をしているんでしょうね

いっぱいに詰めれば20人は軽く入りそう

店員さんは、店主さんと女性の二人きりのようですから

一杯になったら、回すのは大変そう


卓上セットは割りばし、一味、タレ、酢?、コショウ

もう「すき焼きやれっ」と言わんばかりのレパートリー

ということなので当然


生たまご(那須御養卵

那須御養卵というブランド卵だそうです

お椀にあらかじめ割ってくれるのが嬉しい気遣い

逸る気持ちを押えつつ、とりあえず混ぜて待ちましょう


ほー、豚を玉子に変更できるんですね

ウワサでは豚がかなりキョーレツだそうなので、食べきれない人が続出しているんでしょうか!?


お冷はセルフ

大きいコップで助かります

まだかなまだかな~学研のおばちゃんまだかな~♪

と待っているとやってきました!


麺屋 櫻弐「ラーメン(ニンニク)+豚増し+粉チーズ」

あはは~ブタがすげ~

プースーもええエロ!


とりあえず反対側w

粉ッチの存在感パね~


とりあえずプースーから一口

しっかり豚が出てて、こりゃ旨い


麺は太めのムッチンプリリン仕様

うまっ

思わずほくそ笑んでしまった

どっかで食べたことあるような、ないようなw


すき焼きがまた、ズーチーが絡んで最高!

濃厚なタマゴがまたグッチバー

こりゃ、今度は汁なしかなぁ?

いや、麺をしこたま楽しみたいからつけ麺か!?


なんか豚ばっかに目が行きがちだけど

麺もスープもしっかりしてて、トータルパフォーマンスはかなりのレベル

店主さん、いったい何者なんだ!?

場所が場所だけに、そうそう行くことはできないかもしれないけど

こりゃ、あと3回はいかないとなぁ



後日...

持ち帰り豚&麺で


家櫻弐

いいじゃないか!?w

| Tags: ラーメン 豚肉 二郎インスパイア 太麺 チャーシュー チーズ | comments(-) | トラックバック:0 | TOP↑

ラーメン ジライヤ「からみそ」を食す(籠原) #1

≫ EDIT

なかなか面白い店でした

まず店のある場所がなんと籠原!(熊谷市)

その昔、若かりし頃のかっぱが車の免許を取ったのが籠原でして

友達と一緒に合宿で取ったんだけど

その頃は何もなくてどんだけ田舎なんだと思っていましたが今は普通の街になってました

その自動車学校にも行ってみたけど、面影も何もなかったです(昔過ぎて覚えてなかっただけ)


そんな籠原におもしろい二郎系があるというので、息子と行ってみました

事前情報で券売機ではなく、札を取るシステムというのは聞いてましたが

こりゃ、初めての人は面食らいますね

助手君が説明してくれて、無事決定


かっぱの掟、初めての店は味噌を食え!

麺はオーション麺と普通の麺が選べたので、モチコースオーションで


お冷は紙コップ


卓上には、色々なものが置いてあって飽きません


まずはピリ油

アブラにタレと豆板醤?が入ったもの

普通にヤバいの来ちゃったなぁと思っていたら

さらにとんでもないのが来た!


ラーメンジライヤ「からみそ(ニンニクロング)」


豚がエモいことになってます(エモいの使い方あってる?w)

このまま焼いたら、美味しいトンテキになりそうw

普段、豚は最後まで取っておく派なんですが、邪魔なので1個は先に片づけました


豚に驚かされたあと、さらなる衝撃が!


麺、極太

しかも、ゴワゴワ

オーションを練ってそのまま噛みしめている感覚

でも、嫌じゃない、むしろ好きw

正直、この麺咀嚼するので精一杯で肝心の味噌味の記憶がない

店主さんの風貌とか、助手の女性が子どもおぶって作業してたとか

他にも色々ツッコミどころ満載だったけど

何といってもこの麺のインパクトが凄かった

コロナ前の訪問で記憶も薄れているんだけど、この麺の感覚だけは覚えてる

ぜひまた行きたい

と思って最新情報を調べたら、どうやら本庄に移転するようです

さらに遠くなるやんと思ったけど、関越か!?

| Tags: ラーメン 豚肉 二郎インスパイア 味噌 | comments(-) | トラックバック:0 | TOP↑

自家製麺No11「ラーメン(ニンニクチョイヤサイ)」を食す(下板橋) #1

≫ EDIT

前から気になってて

島人の友達からお声が掛かったので行ってきました


自家製麺 No11

この界隈では有名なので、ここでは説明は割愛w

19時頃の着で10人ほどの待ち

30分程で着席


まずは


キンカキンカのルービー

これでプハーと行きたい!

というよりは、目当てはその横にあるこちら


もはや、ルービーよりも目を奪われちゃいますわな

茹でモヤシに、メンマとアブラが掛かっているだけですが

これだけでもルービーを頼む価値あり!

もちろん、そのままつまむもよし、あとあとに楽しむもよしw

(ルービーはノンアルも頼めますので、運転手さんも安心。BUT路駐厳禁!)


生姜ダレ

昔は無料でしたが、現在は50円

もちろん、50円の価値は十分にあります


そして、やってきました


自家製麺No11「ラーメン(ニンニクチョイヤサイ)」

知らない人が見たら、どこがラーメンやねん!ってツッコまずにはいられないビジュアル

天辺のナルトがまたいいふいーき(←なぜか変換できないw)を醸し出しています


一応横から

ヤサイは、ちょい増しのみ無料サービス

多く増したい場合は有料になりました(この制度良いですね。無謀に増す人いますからね)


自家製麺

小麦臭ぷんぷんのボソボソ麺

この麺が食べたくて来たと言っても過言ではない


残しておいたつまみにぶち込み、卓上にあるゴマを振り振り

たまんねーな、おい!

このお椀のおかげで麺がすすむすすむ

麺量が半端ないと恐れていたけど、あっけなく


完食!

もうこのままゴクリとやりたいところだったけど、スン止め!w

あ、麺が旨過ぎて、豚のこと忘れてたw

モチコース、最高の豚でしたよ


やっぱり、この店主さんの作る一杯、最高だわ

何とも行きづらい距離だけど、また行こう

島人の人、次はいつ行くの!?(*^з゚)b

| Tags: ラーメン 豚肉 二郎インスパイア | comments(-) | トラックバック:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT