FC2ブログ
豚活ブロガーかぱ太郎~かっぱのひとりごとぅ  ログイン

2006年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年05月

| PAGE-SELECT | NEXT

北極のジャンボ!登場

≫ EDIT



すごいやつがやってくる!

蒙古タンメン中本が大食い野郎に贈る渾身の一杯

その名も

『北極のジャンボ』

900円!

全店にて、5月1日より発売だそうです。(「中本の道」より)
<お詫び:初稿時本店のみの情報でしたが、
全店展開のようです。期間限定もなさそうです。
訂正してお詫びいたします<(_ _)>>

あの傑作『北極ラーメン』の麺超特大&もやし大盛バージョン。

なんと、どんぶりもジャンボサイズで登場だそうです。

「ちぇっ、なんだよ、北極って大盛までしか出来ねえのかよ」

とお嘆きの貴兄。

ぜひ、挑戦して見て下さい。

もちろん私も行きますよ。

レポートお楽しみに!
関連記事
スポンサーサイト



| Tags: | コメント:9 | トラックバック:0 | TOP↑

餃子の王将 北朝霞店「餃子&鶏の唐揚」を食す(北朝霞)

≫ EDIT

実は昨日の夜、
中本に行こうと思っていたんです。
前日に五目北極でカプサイシンは大量摂取してたので
何か辛くない系でも行こうかなぁと
楽しみにしてたんですけど、
やはりというか、月末&連休前ということで
仕事が終わらなく、時間的に行けなくなってしまいました。

はて、どこで飯食って帰ろうかと思案してたんですが
久しぶりに、餃子の王将に行ってみることに。

中本と出会う前は、チョクチョク利用してたんですけど
出会ってからは、全然行ってなかったもんで。

半年以上振りに行きましたが、なんら変わってませんでした。
注文したのは、↓これ


餃子(160円)+鶏の唐揚(500円)+ライス大(210円)=870円

毎週金曜日は餃子が160円だったんですよね。
もう一皿頼めばよかったかな。

注文してから、わかったんですが、
ビールセットなるものがあって、
中生+餃子+鶏の唐揚+漬物で800円ですって。
これにライス足しても1000円。

ビールが付いて、この値段なら、セットの方がお得ですよね。
次はこっちにしてみよう。
ジェイさんと違って、一人でビールってあんまり飲まないんだけど
私もおやじになったことだし、一人晩酌もたまにはいいかもね。

肝心のお味は、可もなく不可もなくって感じ。
まあ、全国どこ行ってもそんなに変わらないと思いますので
あえて詳しくは書きませんけど。

無理してでも中本行けば良かったかなぁ~
関連記事

| Tags: | コメント:16 | トラックバック:0 | TOP↑

五目北極ラーメンリベンジ@本店-蒙古タンメン中本を食す31

≫ EDIT

え~い、
時間もね~んで いきなり行っちゃおうか!
で~ん

『北極ラーメン』(750円)+『麺大盛』(50円)

今日の北極は、熱々激辛でしたよ。
熱々激辛熱烈歓迎猪突猛進意味不明!?

いやーosirisさんに教えてあげたかったなぁ。
もうね、食べる前から辛いのが目に見えてわかりました。

やっぱり本店最高!

と、これだけでは終わらないのが、かっぱ流。

↓こいつもつけました、

『3/4蒙古丼』(250円)。
そして奥に見えるのが、『単品麻婆』(100円)
と言うことは
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
 まだまだ
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
ひっぱるひっぱる!
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
そろそろいいかな
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
でぇ~い
『五目北極ラーメン リベンジ』でい!


さっすがに、単品麻婆入れると
もう辛さはオーバートップ!

過去最高を記録するくらい辛くなります。
まさに、「北極の超」状態。

久しぶりに、箸を持つ手が震えました。

しかし、今日も残さず完飲。

ごちそうさまでした。

外に出ると、雨が降っていました。
もう少し早く降ってくれれば、ポイント2倍だったのに!

そういえば、前も同じようなことがあったなぁ。

これは、心の汗なのか?
いや、ちがう。
感動の涙であろう。

fin

<プチデータ>
本店27日木曜日21時10分着、待ち店内に4人組1組のみ。
お先に失礼して、カウンター1番(一番入り口寄りの席)、即GET。
厨房の真ん前でいいんですが、左利きの私は、柱が邪魔で食べにくいんです。
おかげで、Yシャツが赤いシミだらけっす。
私の着席の後、ドドっと客が来てあっという間に待ちができました。
まさにグッタイミン!

そうそう、書き忘れてました。
なぜリベンジなのか。

それは、こちらをご覧ください。
なんと、北極と半蒙古丼を頼んでおきながら、
そのまま茶漬けにして食べちゃったジェイ師匠。
そりゃないでしょってことで、

師匠!仇とってきましたよ!


ジローばっか行ってないで、たまには中本もね。スゥッ・・・(ーoー)y゜゜

<お詫び>
実はこの記事、金曜日の昼にはUPしてあったんですが、
非公開のままになってました(ToT)
誰もコメントしてくれなく、ちょっぴり凹んでたんですけどアホでした。
トップにリンク貼ったけど、見れなかったのかな?
大変申し訳ありませんでした。<(_ _)>
関連記事

| Tags: | コメント:12 | トラックバック:0 | TOP↑

二郎 目黒-二郎物語 第4話『ズッシリ』

≫ EDIT


第4話『ズッシリ』


トッピングコールだ。
やばい。麺に気を取られ、忘れていた。
幸い、一番ではなかったので前の人のコールに聞き耳を立てた。

1人目「ヤサイ増し、ニンニク、アブラ」
増し!?増しって手もあるのか!

 ドキッ
  ドキッ

2人目「ヤサイ、ニンニク、カラメ」
カラメ!来た。

 ドキッ
  ドキッ

次は私の番だ。
どうする?
やっぱり師匠の教え通り「ヤサイ、ニンニク」で行くか。
う~ん、カラメってのも気になる。

緊張が増す。
のどを潤すために水をひとくち。

そして、前の客にラーメンを渡すと
店主の視線が飛んできた。

ピーンと張りつめた空気が私を包む。

言葉などない。
「ほれ、トッピングは何だい?」
目が語る。

私は、思い切って言葉を発した

「ヤサイニンニクアブラ」

「ヤサイニンニクアブラね」

思わずアブラつけてしまった。
心の叫びだろうか。
フッ(ー。ー)、正直ものめ...

ちょっと声が小さかったかもしれない。
でも、店主はちゃんと聞き取ってくれたようだ。
さすが、百戦錬磨。口の動きでわかるのだろう。

無造作に手づかみで野菜が盛られる。
生ニンニク。
最後に豚のアブラが載せられる。

そして、こっちに向かってくる。
手を差し出す。

ズッシリ

このズッシリ感がたまらない。

「おー、これが二郎か」

思ったより、野菜が少ない。
ジェイ師匠は、「目黒の大なら2杯食える」と豪語していたが、わからなくもない。
この量なら食えそうな気がする。
しかし、この思いは後に崩壊する。

写真を撮りながら、豚がいないことに気づいた。
野菜をめくってみると、ちゃんと隠れていた。
そんなに大量ではないが、結構な量が入っている。

ニンニク、アブラもしっかり存在を主張している。

これら、すべてが合わさって初めて二郎のラーメンになるという。
これらの一つでも欠けてはいけないらしい。
期待に胸がふくらむ。
スイカップくらいか。

それよりもこのラーメン、スープは確か醤油味のはずだが、
上から見ても、白いスープしか見えない。
割り箸で下からすくってみて初めて黒でもない、茶色でもない色のスープが出てきた。
割り箸を抜くとまた見えなくなる。
そう、この白いスープの正体はアブラの層なのである。
ゆうに1cm以上はあろうかというそのアブラの層。

「大丈夫なのか、こんなラーメン完食して...」
そんなことを思いながら、一口目の麺をすくう。

麺はちょっと平べったいストレートの太麺。
アブラがほどよく絡んでうまそうである。

そして、口に運ぶ...

つづく

関連記事

| Tags: | コメント:12 | トラックバック:0 | TOP↑

二郎 目黒-二郎物語 第3話『ビビリ』

≫ EDIT

第1話『たくらみ』 第2話『GO!』 未読の方はこちらからどうぞ

第3話『ビビリ』


「ここかぁ。思ったより狭いなぁ。」

店内を覗くと厨房には、のっぽさんとゴン太君、失礼、小柄な店主と長身の助手君。
客は黙々と食べている。
店の入り口右側に自動販売機。
「これでお茶を買うんだな。俺も買ったほうがいいのかな」
中を見ても、飲んでる客はいなかったので、とりあえず買わないことにした。

次に券売機をチェック。
券売機と言っても、中本のそれとは程遠い、至ってシンプル。
シンプルと言うより、レトロという言葉が似合うかもしれない。
メニューも、ラーメン小、小豚、小豚W、ラーメン大、大豚、大豚Wの6種類。
ラーメンの量と豚の量で決まるシンプルなメニュー構成。
値段もラーメン小の500円~大豚Wの800円の100円刻みだ。

さて、ここからが問題だ。
確か二郎では、小を頼むのは「ヘタレ」と言われるはず。
しかし、客を見てみるとみんな赤いどんぶりの小を食べている。
大を食べている人が、いないのである。
師匠もいつも小だ。
デビュー戦でいきなり大というのは、そんなに冒険なのか?
いや、いくら大でも、どんぶりの大きさは決まっているわけだし
食い切れないことはないだろう。
確か目黒は、常識的な量だったはず。
豚だって、Wにしたって一匹丸ごと入ってる訳ではあるまい。
何も恐れることはない。
  ・
  ・
  ・

午後7時

前の兄ちゃんが、食券を購入し、奥に進む。
私の番が回ってきた。
千円札を流し込む。
「ポチッ」
赤い札がでてきた。
あれ、おつりは?
おつりボタンがあるのかなと思い探していると、
「チャリン」
ちょっと遅れて300円が出てきた。
実に機械的でいい。
こういうところにお金をかけないから、この値段でやっていけるのかな。

大豚(700円)

どうした、俺。
何をビビッてるんだ。
ふと、ジェイ師匠の写真たちが頭をよぎってしまった。
あれに憧れていたのではないのか。
豚と思う存分戯れたかったのではないのか。
なんだかんだ言っても、所詮は『ビビリ』なのである。

食券をカウンターに置き席につく。
給水機の右隣に座ってしまった。
左利きなので、左側が開いていると
自然とそこに座ってしまう習性があるのだが、
ここは後ろに券売機があり、
人が通るたびに、背中があたる。
食べている最中もちょくちょく前に詰めなければならなかった。

さて、厨房では、店主が豚を切っている。
その向こうには、大きな寸胴で麺ゆで。
うしろで、助手君が野菜をゆでる。

どんぶりが店主の前に並べられる。
やはり、大のどんぶりは、ひとつだけだ。

どんぶりにスープが入れられ、麺を待つ。
麺は、一人前毎ではなく、人数分をまとめて茹でているようだ。
しばらくして、麺がゆで上がり
慣れた手つきで、麺がどんぶりに投入されていく。
1回、2回、3回...まだ入れるのか!
まだまだ麺が出てくる...まだ入れるのか!
どんぶりはみな麺で溢れかえっている。
そして、最後の麺が私のどんぶりに投入されると
ついに、その時はやってきた。

つづく...

関連記事

| Tags: | コメント:6 | トラックバック:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT