君の豚をたべたい-お気楽ラーメンブログ「かっぱのひとりごとぅ」  RSSフィード  ログイン

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    モッコリ豚「ラーメン(中)+小豚(ニンニクヤサイ)」を食す(志木) #4

    ≫ EDIT

    ロックな島から来日中の友人から、

    「アキバのMAZERU行こうぜ!」

    と誘いがあったが、どうも前頭葉が活性せず、

    「申し訳ないけど今回はパスで」

    と詫びを入れ、トボトボ帰宅中に嫁からメール弾!

    「飯喰ってこい」(原文のまま)

    おいおい、こういう事はもっと早く言ってくれなくちゃだわ~

    「おい嫁!もっと早く言えこの野郎!」

    と返せるはずもなく

    「わかりました・・・」

    さて困った。どうしましょう...


    もう武蔵野線に乗ってしまったので、

    選択肢は松屋、小諸そば、越後そば、王将...

    う~ん、どれもあれだなぁ...

    あ、そうだ、久しぶりにモッコリしてみるか!?

    でも、昨日同じようなの食べたばかりだし...

    う~ん...

    と言うことで~

    こちら!


    モッコリ豚

    連チャンで食べれば違いも分かるし、しばらく来てないのでちょっと様子を見に(笑)

    一応ネットで定休日ではないことを確認して到着してみれば

    なんと!7人待ち(かっぱ自身モッコリ新記録! 注)かっぱのモッコリが記録を更新した訳ではないw

    月曜日の19時ちょい過ぎでしたが、結構市民権を得たようですね。

    まず食券を買って、しばし待ち。


    営業時間。定休日はなくなったんですね。


    学生さんの日。モッコリ学割?(笑)

    ぜひ、お父さん割りもお願いします!


    あら、どっかと同じく中が出来たんですね。

    などなど、久しぶりの訪問で色々変わってるなぁと思いつつ

    15分ほど待ってやっと着席。


    男同士、カップル、親子など、色々な組合せのお客さんが居るのもモッコリの特徴。

    店主さんも気さくに常連さんや、子供に話しかけたりして、

    店のふいーき(←なぜか変換できないwヒサシブリ)は良い。

    さらにここから10分ちょい待って~

    こちら!

    モッコリ豚

    ラーメン(中)+小豚(ニンニクヤサイ)」(700円+150円)

    「豚」(250円)、「豚W」(350円)は売り切れ表示だったので仕方なく小豚で。

    小豚も数人後に売り切れになっていた。

    モッコリに来て豚を堪能できないなんて、AV借りてハズレを引くよりも痛い(笑)

    小豚はデフォ1枚+2枚増しの計3枚ってところかな?

    確か、以前食べた「豚」は5枚くらい入っていたので、

    2枚150円、4枚250円って感じでしょうか?(豚Wは8枚?)

    ジャンガレはペラペラだったけど、こちらは厚さもそこそこあるので、

    一般的なチャーシューよりは全然お得です。

    それでも、開店当初に比べると薄くなっていますね。


    ヤサイの盛りは結構なモッコリ具合。ややシャキな感じで美味しい。

    天辺に載せられたニンニクにタレが掛けられているのは、グ~。


    麺はお馴染み開化楼の太麺。

    前日にジャンガレを食べているので、記憶も鮮明だったのですが、基本的に一緒。

    目の前で店主さん、助手さんが丹誠込めて(?)作っているのが見えるので

    (あっちはバイトの兄ちゃん姉ちゃんが流れ作業的に作ってる感...)

    その分おいしさもプラスされている感じ。

    店の雰囲気もプラスに作用しているのかな?


    ごちそうさまでした~♪♪♪♪

    場所が場所だけに、コスパも良いし

    比較的若者が多い地域なので、もっと人気が出てもおかしくないと思うんだけど。

    かっぱ的には、もう少し駅に近いか、近くにコインパでもあればもっと行くんだけどなぁ...

    いや、駅前になくて良かった!!ッテコトニシテオコウw



    【関連リンク】

     中本二郎ラーメンマップでモッコリ豚の所在地を表示

     かっぱのひとりごと 二郎インスパ亜流模倣店書庫





    かっぱのひとりごと...目の前のファミレスに停めちゃダメですよ!...
    関連記事
    スポンサーサイト

    | Tags: ラーメン ラーメン二郎 豚肉 | comments(-) | トラックバック:0 | TOP↑

    トラックバック URL

    http://knh2.blog94.fc2.com/tb.php/242-dadc696e

    トラックバック

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT