君の豚をたべたい-お気楽ラーメンブログ「かっぱのひとりごとぅ」  RSSフィード  ログイン

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

唐麺や十兵衛 上福岡店「富士叉焼麺」を食す(上福岡)

≫ EDIT


こんにちは、かっぱです。

ふじみ野から藤久保交差点に向かう途中にあるゴルフ練習場の隣に、

小さなラーメン(中華)屋さんがオープン。

その名も「青空中華」

この場所は、なんか憑いてんじゃないの?

と思っちゃうくらい入れ替わりの激しい場所。

今回もしばらく空き家が続き、改装が始まったと思ったら

中華屋らしからぬ、青空に浮かぶちょっぴりアンニュイな黒目のパンダ...

なんでパンダ!?と思うも、パンダ→中国→中華料理、と勝手に想像して納得。

こりゃまた駄目か?と思っていた矢先に、開店。

しばらくして「半額セールが始まった」との噂をキャッチ。

ブロガー魂が疼いたので、ココは行ってみるしかないでしょ!?

反対する家族を押し切り、日曜の夜に向かってみたら、

まさかの大行列(外待ち10人ほど)。

もちろん、華麗にスルーしました(笑)


その後...

なかなか前を通る機会がなかったのですが、

昨日通ってみましたら...

青空中華
いつもの平和な状態に戻っていました(2010年10月31日日曜日20時30分撮影)(≧ε≦)

やっぱり、かっぱが行かねば、誰が行く!?ってことでしょうか?(*ε*)


と、まるで青空中華の記事かと思わせておきのの

青空中華を華麗にスルーして、かっぱ家ご一行が向かった

かねてから気になっていたあの店のお話で~す(^ε^ゞ


そんな気になっていた店が~

こちら!

唐麺や十兵衛 上福岡店
唐麺や十兵衛 上福岡店

賢明なかっぱのひとりごと読者の方なら覚えているでしょう。

以前行って、こんな感想を持ったお店。

その時の印象がブロックしていて、なかなか行く気になれなかったのですが

いつの日からか、気になる看板が掲げられて、ウムムと思っていたのですが

ようやく訪れるチャンス到来。

勇気を持って行ってみました(笑) ソンナオオゲサデモナイケド

19時半の訪問でしたが、8割くらいの客の入り。

すんなり座れました。

まずは、メニュー。

メニュー
以前は、普通のラーメン屋さんって感じのラインナップでしたが、

リニューアルしてからは、麺にこだわったメニュー構成になったようです。

最初、他にメニューがあるのかと思って探しちゃいました。

豚節つけ麺メニュー
ほ~、豚節とな?

「随分大げさな宣伝文句だなぁ。騙されんぞ」と思ったら

豚節つけ麺
唐麺や十兵衛 上福岡店「豚節つけ麺(中盛)」(800円)

息子が釣られました(笑)

最初、海苔も、叉焼も、玉子も入ってないじゃないか!?と思ったら

全部沈んでました(ーεー;)

写真通りとは言いませんが、もう少し上手く盛り付けて下さい...

味的には、いわゆるダブルスープのつけ麺ですね。

麺は、以前とは全然違う麺になってました。

手打ち感十分(でも手打ちではないと思います)の平打ち縮れ麺。

一本味見させてもらいましたけど、以前のゴムみたいな麺に比べたら

小麦の風味も感じられて全然美味しくなりましたね。

「これはおいらのも期待できるかな!?」

と多少テンションもアップしつつ待っていたら

やってきました~

こちら!

富士叉焼麺
唐麺や十兵衛 上福岡店「富士叉焼麺」(1000円)

なんとこちら、誰が呼んだか

所沢名物
所沢名物!

長年所沢の横に住んでますが、聞いたことなければ、ここでしかお目にかかれません。

これからは、埼玉名物は、川越のいも、深谷のガリガリ君、所沢の富士らーめん!

って事で、県民の皆さんよろしこ(笑)

ま、名物なんて、言ったモン勝ちって気がしなくもありませんが

賢明な皆さんは、とっくにお気づきかと思いますが

こちら、見ての通り二郎インスパイア いや、二郎モーホーラーメンなのです!

横から
高く積まれたヤサイの周りを取り囲む様にそびえ立つ叉焼。

頂点には、味の付いたニンニク団。

二郎文化の薄い埼玉西部地区においては、まさに異色の存在。

出てくるだけで注目の的な訳です。

メニュー写真はかなり豪快な盛りっぷりだったので、

どうせモノホンは大したことないんだろうなぁ、と思っていましたが、

ちゃんと盛られてます。

無料トッピングなどはないけど、ちゃんとツボを押さえてます。

あと、空のどんぶりと富士醤油なる物が添えられていて、

「どんぶりにヤサイを取り分けて、富士醤油を掛けてお召し上がり下さい。」

とちゃんと説明してくれました。

確かに、こんなのに慣れてない人は、どっから手を付けて良いのか、迷っちゃいますからね。

え?ワタクシ?

モチコース、どんぶりをどかして、上から富士醤油をぶっかけ、そのまま食らいつきましたよ。

あ、富士醤油、ちょっと舐めてみたら、出汁の風味がしました。一応手は加えてあるようです。


さて、一番気になっていたのは、盛りよりもやっぱり麺。

あのゴム麺だったらどうしようと思っていたけど、さっきのつけ麺を見てから期待値マックス!

ヤサイをある程度平らげて、引っ張り出してみました~

麺アップ
oh!キャラメルメン!!

モーホーらしく、ちゃんとキャラメルしてるじゃないですか!(笑)

つけ麺のそれとも違って、このメニュー用に作ってるんでしょうか?

味はもちろんそれ系のブツですが、いいよ、これ。

こんなところでこれが食べられるなら、全然いいよ。

否定するどころか、むしろ大歓迎。さすが、RDC!がってん承知の助!

スープアップ
スープもちゃんとそれらしくなってます。

モチコース、直系のそれには遠く及ばないけど、一応合格点。

若干、薄めな気もしますが、かゆみ止めにはこれくらいが丁度ええ(笑)


で、もう一つ気になる物がありますよね?

そう...

豚アップ
豚~

ヤサイを取り囲んでいたブタさんですが、やはりというか、当然というか薄っぺらです。

ここだけは、この手の店ではどんなに頑張っても真似できないでしょうね。

でも、いいんです!

ここで満足しちゃったら、わざわざあそこに行かなくなっちゃうから(^ε^ゞ

ごちそうさまでした
不覚にも、腹一杯になっちゃいましたが、麺量は、200gくらいですかね?

明らかに、ヤサイの方が多かったけど、頑張ってるんじゃないですか?

正直、どんなことになってるのか心配だったけど、これならOKっすよ。

富士ラーメンメニュー
ま、かゆみ止めとしては、ちょっと高いのが難点だけど(笑)

ごちそうさまでした~♪♪♪



【関連リンク(外部サイト)】
 唐麺や十兵衛 公式サイト





かっぱのひとりごと...久しぶりのラーメンネタで無駄に長くなっちゃったw...
関連記事
スポンサーサイト

| Tags: ラーメン ラーメン二郎 豚肉 | comments(-) | トラックバック:0 | TOP↑

トラックバック URL

http://knh2.blog94.fc2.com/tb.php/43-326c45cd

トラックバック

PREV | PAGE-SELECT | NEXT